荒戸山ワイナリー

岡山ワインバレー『荒戸山ワイナリー(Aratoyama Winery)』始動

2018年8月22日、岡山県新見市が認定されているワイン特区制度を活用した果実酒製造免許取得し、同市哲多町にある荒戸山の麓に醸造所『荒戸山ワイナリー(Aratoyama Winery)』をオープンしました。岡山ワインバレーは2018年収穫分のぶどうからワインの自家醸造を始めます。同ワイナリーで生産されたワインは2019年以降にリリースする予定です。

ぶどうの栽培同様に地域の方々との繋がりを大切にし、醸造所の熟成が地域の活性化につながっていけるようになればと願っています。

※ワイン特区は構造改革特区制度における酒税法の特例措置によって、果実酒製造業に参入しやすくなる区域のことを指します。岡山県新見市は2015年『新見A級グルメワイン特区』に認定されました。
※荒戸山は岡山県新見市哲多町田淵に位置し、鍋を伏せたような特異な形でそびえる姿は『阿哲富士』や『鍋山』の愛称で親しまれています。
※国のワイン特区制度を活用したワイナリーの開設は岡山県内では初めてです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡山ワインバレーの醸造方針

岡山ワインバレーで行う醸造は基本的にスタンダードな醸造方法を行う方針でいます。これはワインの味はぶどうで決まると言われるように、ぶどうの品質が高ければ余計なことをしない方がよりよいワインになると考えるからです。これまで醸造をお願いしておりましたワイナリー様でも同様のコンセプトであると解釈していますし、今後ぶどうの個性に合わせたよりきめ細かい配慮を施していきたいと考えています。

今後とも岡山ワインバレーをよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP